バナー

iPhoneのWIFI対応について

iPhoneは本体のバージョンが年に1度のペースで新しくなってきています。

カメラ機能やディスプレイなど目立つ部分の進化もすごいのですが、実はWIFIの進化もすごいペースで発展してきています。


iPhoneは5以降802.11nにも対応したことで転送速度も早く使い勝手が向上しています。iPhoneで対応している802.11nは300Mbpsにも対応したことで室内はもとより2階建てくらいので木造建築なら家中どこでも数十Mbpsの速度で動画でもゲームでも快適です。

WIFIにはさまざまな種類があります。どの機種でも使える規格としては802.11bと呼ばれる規格です。
802.11bは最大速度が11Mbpsなのですが、どの機種でも使えるメリットが有ります。

iPhone6sのサイズの詳細情報を掲載しています。

また、比較的電波干渉を受けづらい特性も持っています。
802.11nは速度面で802.11bよりも数段優れていますが、電波が比較的鑑賞してしまうのがネックです。

iPhone6sのスペックを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

ただし、各メーカーとも802.11nの電波干渉問題についてはアンテナを特殊なものにするなど対応が進んでいます。

電波干渉がひどい場合には802.11aという規格も使えます。
速度は54Mbpsなのですが、電波干渉が受けづらく、他のWIFI規格と違って5Ghzという電波帯なので電波の空きを進むこともなく速度面でも有利です。



ただし、iPhone4では802.11aには対応していないので注意が必要となります。