バナー

iPhoneのWIFI対応事情

iPhoneは3Gから日本で販売されてきていますが、各世代でWIFI対応が変わってきます。


WIFIにはいくつか種類がありますが、どの世代でも使えるのが802.11bや802.11gと呼ばれる規格です。
802.11bや802.11gは2.4Ghz帯を利用しますが、電波干渉しづらく伝わる範囲が広いのでよく使われていますが、速度が11Mbps程度なのがネックです。

世代が次になると802.11nに対応し始めます。この世代はiPhone4や4Sの世代です。

802.11nは2.4Ghz帯を使いながら速度が300Mhzにアップされているのが特徴ですが、Bluetoothや電子レンジなので電波干渉が激しく、速度低下や切断を繰り返す等問題があることが多いです。

ただし、各メーカーともアンテナや本体の改良で干渉はかなり減ってきています。

自分に合ったiPhone6sのサイズのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

接続範囲も若干狭くなる傾向があるので対応しているWIFI端末を利用するのが得策です。

次の世代では802.11aに対応してきています。
この世代は現行世代であり、ほぼすべてのWIFI規格に対応していることになります。


802.11aの利点は他のWIFIとは違う帯域である5Ghz帯を使っていることです。



WIFIはゲーム機からハードディスクレコーダーまで幅広く採用されており、電波の空きを探すのが大変とも言われるほどです。



iPhoneでも速度向上のために各種規格に対応してきています。