バナー

iPhoneのWIFI規格で気をつけたいこと

家では通信キャリアの電波ではなく、WIFIでiPhoneを使う方が多いですが、速度面で特に注意したいポイントが2つあります。

1つはWIFIの規格です。


iPhoneはルーターと呼ばれるWIFIの親機にWIFIでつながりますがその際、どのWIFI規格で繋がるかはiPhoneが決めています。決める条件は電波強度と対応している通信方法です。

電波強度は距離と建物の状態、電波の空き状況で決まります。

木造2階建てくらいならどこでも利用できると言われていますが壁が厚かったり、電子レンジがあったり、レーザープリンタが稼働していると速度低下に繋がると言われています。
また、802.11gで接続している場合には速度が遅いこともあるのでルーター側で802.11nへの対応をしておくと良いです。

2つ目は利用する場所の環境です。

本物のiPhone6Sの在庫の情報はココで集まります。

電波干渉は目では見えないので対応しづらい問題ですが、可能であれば2つのことは避けておくと良いです。

1つはヘッドホンのBluetooth対応です。

iPhone6sのサイズの情報検索ができます。

Bluetoothは電波帯が似ているので干渉しやすいと言われています。



もし、Bluetoothが複数あるならWIFIの規格を802.11nではなく、802.11bにすると安定した通信になりやすいですが、速度がぐっとおちてしまいます。また、WIFI通信する機器が多い場合には802.11aを試してみるとよいです。

802.11aは電波帯が異なるので干渉しづらいと言われています。